Daiwa Living

社長メッセージ

大和リビング株式会社は、大和リビングマネジメント株式会社が100%出資する賃貸住宅およびマンションの管理・運営会社として、お客様から多くのご意見やご要望を頂戴しながら、柔軟かつ積極的に社会の変化とニーズに応じた価値のあるサービスを提供し続けてまいりました。

おかげさまで管理戸数は50万戸を越え、順調な成長を続けておりますことは、ひとえにお客様からのご支持の賜物であると深く感謝しております。

当社は2012年4月に事業を再編成し、サブリース事業を「大和リビングマネジメント」へ承継し、賃貸管理事業・貸主代理業務に重点を置いた事業を展開しております。
この再編を機として、現在では「大和リビングマネジメント」(サブリース事業)、「大和エステート」(仲介業)、「D.U-NET」(インターネットプロバイダー事業)、「大和リビングユーティリティーズ」(エネルギー事業)、「Double-D」(IT総合コンサルティング事業)、「大和リビングステイ」(ホテル・サービスアパートメント事業)などの企業で『大和リビングカンパニーズ』を組成し、賃貸住宅の管理・運営に関するトータルポートを行うとともに、質の高いサービスの提供に努めております。

また、海外においても「KD Living」(2012年・韓国・合弁会社)、「DaiwaLiving USA」「DaiwaLiving Carifornia」(2015年・米国)、「DaiwaLiving Australia」(2016年・豪州)、など複数の拠点を設け、賃貸管理・仲介事業やサービスアパートメント事業など様々な事業に取り組んでおり、今後もグローバル化への対応を含め事業規模をより一層拡大してまいります。

昨今の賃貸住宅業界においては、お客様のニーズも多様化・複雑化しているほか、急速な少子高齢化や人口減少など重要な課題が山積しており、国内外を問わず様々な変化に対する企業の迅速な対応が強く求められています。

私たち大和リビングカンパニーズは、全てのお客様にご信頼頂ける『賃貸住宅業界のリーディングカンパニー』を目指し、常に時代を先取りする充実したサポートおよびサービスを提供し続けると共に、お客様の心豊かに生きる暮らしと、社会との恒久的な「共創共生」を実現すべく、将来にわたってチャレンジを続けてまいります。

大和リビング株式会社
代表取締役社長 明石 昌